首都直下型地震ってどんな地震かな?


首都直下型地震とは、普通の地震と何が違うのでしょうか。
そして何故それが危険だといわれているのか、詳しくご紹介します。




「首都直下型地震」ってなんだ?

よういち君
「首都直下型地震」…すごく怖そうな名前だなぁ。でも自分は神奈川に住んでるから東京じゃないし大丈夫でしょ。

たまちゃん
ちょっと待って!首都直下型地震は、必ずしも東京で起こるとは限らないよ。

よういち君
だって首都じゃないじゃん。首都って東京のことでしょ?

たまちゃん
ここで言う「首都」は、東京だけじゃなくて、神奈川、千葉、埼玉県を含めた、南関東1都3県を指しているんだよ。

よういち君
ホント?怖わー。もっとちゃんと知っておかないと。

首都直下型地震が起きるとどうなるの?

*首都直下型地震は、先ほどの会話にもあった通り、南関東のどこで発生するかわかりません。
 今回は、発生する確率が高い「東京湾北部地震(マグニチュード7.3)」が、冬の午後6時に発生した時を想定した場合です。
画像 首都直下型地震の被害予想

>
よういち君
桁数、打ち間違えてない?被害の数がケタ違いなんだけど。

たまちゃん
これが首都直下型地震の恐ろしさだよ。でも、他にもこんなことが起きる可能性があるよ。

予想されている被害シナリオ

・長周期地震動による超高層ビルなどの火災
・余震の発生などや大量に雨が降るなどして二次災害が引き起こされる
・道が被災者の車や人で封鎖され、消防車や救急車が通れないことも
・鉄道で列車同士が正面衝突する事故が発生する可能性
・ツイッターやLINE等のSNSサービスによる二次災害発生などのデマを中心としたパニック
・一部の商店街や繁華街などでの治安の悪化
・空き巣を狙った泥棒の被害
・金利や株価が変動するなどといった経済への影響

たまちゃん
熊本地震の際には、災害時のマスコミなどの車が多すぎて道路が封鎖されたなんて言うこともあるよ。

よういち君
SNS(ソーシャルネットワーク)のデマって、
いざ災害が起こるとつい信じてしまうんだよなあ。気を付けないと。

対策

首都直下型地震は、先ほどのデータからもわかる通り火災による被害が多いと予想されています。
そのためにまずは、自分の家で火災が起きた時にきちんと対処できるように、日ごろから防災道具をそろえたり、
家族同士で災害時の対策についてきちんと話し合うことが大切です。たとえば・・・
・火災報知機を設置する。
・消火器があるか確認する、またその消火器がきちんと使えるものか確認しておく。
・災害時の避難場所についてきちんと把握しておく。

地震発生時のデータはあくまで予想なので、地震発生後の対応によっては、大きく変化することもあります。
ひとりひとりがきちんと首都直下型地震について把握しておくことで、被害の規模を少しでも減らすことができます。
よういち君
首都直下型地震は、火災が多いと予想されているんだね。

たまちゃん
でも次は、これをはるかに超える規模の大地震だね。

NEXT / 南海トラフ大地震を知っておこう